NTTと東京電機大学、アニーリングマシン上で動作可能な電波伝搬シミュレーション技術を開発

2017-08-24_00h03_35 IT総合
日本電信電話株式会社(以下、NTT)と東京電機大学は5日、無線通信エリア推定に必須となる電波伝搬シミュレーションを、世界最高速度で可能とする技術を開発したと発表した。  無線信号が複数の伝搬路を通り受信機へと到来するマルチパス環境では、反射や回折を経由せずに送信アンテナから受信アンテナまで直接届く電波のほか、周囲の建物などの構造物で複数回反射された電波など複数の伝搬経路を経
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました