脱炭素に超有効、CO2を吸収するCCUS商用化の「2つの課題」とは

2017-08-24_00h03_35 IT総合
2050年カーボンニュートラルに向けて、従来の化石燃料から再生可能エネルギーなどへ切り替える「トランジション(移行)」がなかなか進まないことが明らかになりつつある。そんな中、化石燃料由来のCO2排出を減らす方法として現在注目されているのが、CO2回収・貯留・利用技術である「CCS/CCUS」だ。世界では商用化に向けた取り組みが顕在化し、日本でも実証が進む「CCS/CCUS」をめぐる最新の状況を解説する。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました