1990年代に使われていたアップルストアのネオンサイン、競売に出品

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Image: Southeby's
時間の経過は価値を生む。発売当時は定価だったのに、年数が経つと新品未開封の『スーパーマリオ』が1218万円になり、初代iPhoneが約485万円、「Apple I」が8300万円で落札されるようになります。カラフルで映える懐かしのサイン同じように、1990年代に使われていたアップルストアのネオンサインが、サザビーズの競売に出品されました。アクリル製のケースに入
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました