トラピスト1の恒星フレアが惑星を内部から加熱、居住可能性にも影響か

2017-08-24_00h03_35 IT総合
【▲「TRAPPIST-1(トラピスト1)」星系(上)と火星軌道までの太陽系(下)の比較図。上図のスケールは下図の25倍に拡大されていて、「TRAPPIST-1」星系の最も外側の惑星「TRAPPIST-1 h」の軌道でさえ、太陽系の水星軌道のずっと内側を公転しているのがわかります(Credit:NASA/JPL-Caltech)】
恒星の表面で発生する爆発現象「恒星フレア」と、それに伴って発生する
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました