営業担当者も知っておきたい!担保不動産の評価と対処法【第11回】担保物件における任意売却②

マーケティング
(画像=nito/stock.adobe.com)Q 担保物件の任意売却で債権回収以外にも目を向けた活用法があると聞きました。それを教えてください。A 債務者の再生支援という観点で、リースバックを活用した任意売却事例が増えています。前回は、担保不動産における任意売却の基本的な仕組みを解説した。債権回収において任意売却は、競売に比べて金融機関等の担保権者と物件所有者双方にメリットがあることを理解してもらえたと思う。実際、多くの金融機関で任意売却という仕組みの認知度がかなり高まってきていると感じる。近年は、任意売却を単に債権回収のみに活用するのではなく、さらに一歩進めて債務者の再生においても活用する取組みが少しずつ増えている。これは、経済環境の変動により業績が悪化する中小企業が増えているいま、金融機関の担当者にぜひ知っておいてもらいたいポイントだ。 (画像=近代セールス)物件を継続使用し再生支援につなげる
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました