米食品医薬品局FDAが喘息の吸入薬「Airsupra」を承認

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米FDAが喘息の2剤配合吸入薬を承認
米食品医薬品局(FDA)は2023年1月11日、気管支収縮の治療または予防と喘息発作リスクの低減を目的に、18歳以上の成人喘息患者が利用できる吸入薬Airsupra(一般名albuterol and budesonide)を新たに承認した。
Airsupraは、β2アドレナリン受容体作動薬であるalbuterol(アルブテロール、日本ではサルブタモール)と副腎
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました