書籍『家康の天下取り ~関ケ原、勝敗を分けたもの~』が刊行 英雄的偶像とはほど遠い“凡庸”な家康が思考した戦略と指導力

2017-08-24_00h03_35 iPhone・android
出版物の制作販売を行う株式会社つちや書店(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 秀、以下 つちや書店)は、2022年12月19日(月)に『家康の天下取り ~関ケ原、勝敗を分けたもの~』(著 加来耕三)を刊行いたしました。<br />
<br />
本書では、通史や小説によってさまざまに解釈されている「徳川家康」という日本人のあいだでもっとも有名な人物が、なぜ関ヶ原の戦いで勝利することができたのか。大義名分をはじめ地の利、兵力、経済力にいた...
Source: @マーク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました