国内スタートアップ資金調達額が8,774億円に!INITIALが「Japan Startup Finance 2022」を無料公開

IT総合
スタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」は、国内スタートアップ資金調達状況を伝える『Japan Startup Finance 2022』を集計し、2023年1月25日よりレポートの速報記事をソーシャル経済メディア「NewsPicks」内で公開しました。
Japan Startup Finance 2022とは
本レポートは、日本最大級のスタートアップ情報プラットフォームINITIALが独自に調査し、半年に一度公表している国内スタートアップの資金調達動向をまとめたレポートです。
速報記事の概要
『Japan Startup Finance 2022』の見出しをご紹介します。
1兆円が目前
レイターは苦戦
加熱するアーリー
海外の影響を受けたのは…
シリーズAが大型調達
IPO、厳冬時代
M&Aは相変わらず低調
ファンド動向

1兆円に迫る国内スタートアップの動向を掴むと共に、どのシリーズが好調で、どのシリーズが苦戦しているのか。海外の影響についてなどスタートアップの現実的な状況が、わかりやすい図解とデータで把握できます。
上記のデータを始め、『Japan Startup Finance 2022』はNewsPicksのオリジナル記事としてすべて無料で閲覧できるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
PR TIMES:https://prtimes.j

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました