びっくりドンキー、紙製テイクアウト容器を全339店に導入完了 年間約140トンのプラ削減へ

2017-08-24_00h03_35 IT総合
ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」は、テイクアウトで使用していた従来のプラスチック製容器を、環境に配慮したFSC®認証材で作られた紙製容器に変更した。昨年6月より順次切替を進めていたが、本日78店に導入し、全339店で切替を完了。
これにより、従来の容器と比べて約93%・年間約140トンのプラスチック削減を見込んでいるとのことだ。
導入した2種類の紙製容器
「びっくりドンキー」を展開するアレ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました