YCC上限引き上げは可能性大も、マイナス金利解除は早計

マーケティング
この記事は2023年1月13日に「きんざいOnline:週刊金融財政事情」で公開された「YCC上限引き上げは可能性大も、マイナス金利解除は早計」を一部編集し、転載したものです。 (画像=cassis/stock.adobe.com)2022年12月20日の日本銀行のサプライズ政策修正後も、債券市場の動揺が収まらない。市場では10年金利目標の再修正にとどまらず、マイナス政策金利の廃止も含めたイールドカーブ・コントロール(YCC)の撤廃にまで思惑は膨らんでおり、これが黒田東彦総裁下の最後の会合である3月までに実現するとみる向きも少なくない。円OISフォワード金利も、1年後に30bpもの利上げを織り込んでいる(図表)。12月20日の政策修正は重要なメッセージを含む。①政府・日銀のアコード修正を必要としていない、②2%インフレ定着をまだ見通してはいない、③金利目標を上げる一方で量的緩和は強化している点だ。日銀は、10年金利の正常化とマイナス金利の解除、およびバランスシート縮小を明確に切り分けたように思える。YCCはアベノミクスの一環として生まれた政策であり、その支柱となっているのが政府・日銀の共同声明だ。明示的な目標は2%インフレだが、その真の狙いは、販売価格や賃金を上げる余力がない企業には生産性向上、場合によっては市場撤退を促すと同時に、硬直化した労働力を高い生産性の企業・産業へ振り向

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました