一流が実践する「真の情報収集」たった一つのルール

マーケティング
本記事は、千田 琢哉氏の著書『一流の人だけが知っている、他人には絶対に教えない この世界のルール。 選ばれる人を決める「秘密の評価基準」40』(清談社Publico)の中から一部を抜粋・編集しています。真の情報収集とは、必ず反対意見も傾聴すること。 (画像=aeroking/stock.adobe.com)教養の最後でとっておきのサバイバルの知恵を伝授したい。これは効果絶大なのでぜひ今この瞬間から試してもらいたい。病みつきになるはずだ。それは情報収集する際には必ず自分と反対意見にも目を通したり傾聴したりすることだ。繰り返すが必ず、である。インターネットでお手軽に情報をゲットできるようになったが、私たちは全然幸せにはなっていない。まずこの事実を受容することだ。なぜ便利にはなっても幸せにはなれないのか。それは自分と同じ意見ばかりを集めて、我々が知的怠惰に陥っているからだ。たとえばあなたが醜く太っていると仮定しよう。あくまでも仮定だ。本当は食事制限をして運動をして場合によってはプチ整形くらいしなければならないのに、事実を受容せずに現実逃避して、「別に太っていないよ」「今のままで十分にかわいいよ」と嘘をついておだててくれる人の意見だけを鵜呑みにしたらどうなるだろうか。永遠に醜く太ったまま人生を終えなければならない。それどころか今よりもっと醜く太るのは必至だ。以上はあくまでも仮定の話だが、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました