米ドル/円のトレードは慎重に ―― 豪ドル/米ドルの押し目買いで臨みたい

マーケティング
この記事は2023年1月25日(水)に「羊飼いのFXブログ」で公開された「西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Yong Hian Lim/stock.adobe.com)2023年1月25日(水)の午前11時すぎに、現役トレーダーの西原宏一さんから聞いた最新の相場観と戦略を紹介する。 西原宏一 青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行にて為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラーなどを歴任後、独立。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。 現在の為替相場の傾向や相場観今年に入って、為替市場のボラティリティは極めて高い状態が続いており、米ドル/円も乱高下している。ただ今月をふりかえってみれば、今年の米ドル/円のオープニングは131.01円。本日25日(水)午前11時30分頃の時点での米ドル/円は130.30円で推移。結果、米ドル/円は130.00円を挟んで±3円で激しく乱高下しているだけ。日銀を中心にヘッドラインには事欠かないが、方向性がないわりには暴力的に乱高下するため、米ドル/

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました