Appleのセキュリティチップが強力すぎるせいで大量の中古MacBookがジャンク品と化している

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
2018年以降にAppleが発売したMacBookやiMacには、セキュリティを向上させるための「T2」チップや、T2チップの機能を組み込んだM1・M2チップが搭載されています。このT2チップのセキュリティ機能が強固すぎることから、中古業者では「古いApple製マシンをアクティベートできず、ジャンク品として扱うしかない」という状況が発生しています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました