八甲田山雪中行軍遭難事件とかいう”トラウマ”事件

IT総合
1: それでも動く名無し 2023/01/24(火) 21:25:35.43 ID:dKAeC9sud そら今日以上の寒波の中行軍したら全滅するわ 八甲田雪中行軍遭難事件 八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)するという日本の冬季軍事訓練において最も多くの死傷者を出した事故であるとともに、近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故である。 日本陸軍は1894年(明治27年)の日清戦争で冬季寒冷地での苦戦を強いられた経験を踏まえ、さらなる厳寒地での戦いとなる対ロシア戦に向けた準備をしていた。日本陸軍にとって冬季訓練は喫緊の課題であった。対ロシア戦は10年後の1904年(明治37年)に日露戦争として現実のものとなる。 雪中行軍は青森歩兵第5連隊210名が1902年1月23日から、弘前歩兵第31連隊37名と新聞記者1名が1月20日から2月1日までそれぞれ異なる経路を行軍した。 https://ja.wikipedia.org/wiki/八甲田雪中行軍遭難事件 2: それでも動く名無し 2023/01/24(火) 21:26:13.79 ID:mZa7UnIEM 詳

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました