[石野純也の「スマホとお金」]総務省で見直しが議論されるアクセスチャージ、悪用された「トラフィック・ポンピング」からその課題をひも解く

2017-08-24_00h03_35 IT総合
2022年6月と同年7月に、組織犯罪処罰法違反の疑いで、相次いで通信事業者の経営者らが逮捕されました。NTTドコモの「かけ放題オプション」を不正に利用して収益を得た、とされています。これは、通話料の清算に用いるアクセスチャージ(接続料)の仕組みを悪用したもの。このような詐取目的の大量通信のことを「トラフィック・ポンピング」と呼びます。  こうした不正が相次いでいることや、固定電話網のIPネ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました