「年金は何歳から受け取るのがトクなのか」は、こう考える

マーケティング
本記事は、頼藤太希氏の著書『会社も役所も銀行もまともに教えてくれない 定年後ずっと困らないお金の話』(大和書房)の中から一部を抜粋・編集しています「年金は何歳から受け取るのがトクなのか」は、こう考える (画像=Khongtham/stock.adobe.com)国民年金・厚生年金の受給開始は原則65歳ですが、希望すれば60〜75歳の間で受け取りを開始することができます。60〜64歳で受け取りを開始することを繰り上げ受給、66〜75歳で受け取りを開始することを繰り下げ受給といいます。繰り上げ受給・繰り下げ受給は1か月単位で選択できます。60〜64歳11か月までの繰り上げ受給では、1か月早めると0.4%ずつ受給率が減り、60歳まで年金の受給開始を早めると受給率は76%(24%減額)となります。一方、66〜75歳までの繰り下げ受給では、1か月遅らせるごとに0.7%ずつ受給率が増え、75歳まで遅らせると受給率は184%(84%増額)となります。たとえば、65歳で年金を月15万円(年180万円)もらえる人が60歳まで年金を繰り上げ受給すると、年金額は24%減って月11.4万円(年136.8万円)に。反対に、75歳まで年金を繰り下げると、年金額は84%増えて月27.6万円(年331.2万円)になります。なお、繰り上げ受給は国民年金・厚生年金セットで同時に行うしくみ。片方だけ繰り上げることはで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました