腸を病気にする意外な化学物質

iPhone・android

「食器洗浄機」は大量の洗い物が出るレストランのみならず、一般の家庭など様々な場所で使われています。しかし、この食器洗浄機のすすぎ液が、人体に害を与える可能性があることが新たな研究で示されています。

関連:大麻合法化で〝3兆円市場〟創出、マリファナ解禁で一攫千金を狙うビジネスの最新状況

*Category:テクノロジー Technology *Source:zmescience,chemistryviews,NEW ATLAS

食器洗浄機の「すすぎ液」の潜在リスク


食器洗浄機は、スタートボタンを押すとお湯と洗剤を組み合わせて、食器や調理器具の表面の汚れを落とします。そして、洗浄が終わると洗剤を落とすために、キレイな水が注入されて食器がすすがれます。その後、機器内に熱風を循環させ、食器を乾燥させます。

ただし、食器洗浄機の一部機種では、洗浄後の食器をキレイに見せるために、すすぎの工程で水にすすぎ剤(リンス剤)を使用している場合があります。すすぎの工程の次は、食器を乾燥させるだけです。つまり、食器にすすぎ剤が残っているということです。すすぎ剤が付着している食器で食事をすると、容易にすすぎ剤が胃腸に到達する可能性があるのです。


チューリッヒ大学の実験アレルギー・免疫学教授であるチェジミ・アクディス氏は、食

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました