マウスの筋肉を組み込んで光で動く生体ロボットが開発される

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
研究室で培養したマウスの筋肉組織をロボットに組み込み、遠隔操作で動かすことができる設計方法が考案されました。任意の方向に動かすことが可能で、同様の研究が多数ある中で「史上最速」のスピードに進化しています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました