コーディングや論文執筆まで可能なChatGPT、教育現場が「使用NG」を連発するワケ

2017-08-24_00h03_35 IT総合
2022年11月にリリースされた汎用(はんよう)型チャットボット「ChatGPT」。Pythonスクリプトの生成、論文執筆、ウェブサイトやYouTubeなどのソーシャルメディアコンテンツの企画など、さまざまな分野でその可能性を模索する動きが活発化している。その一方、大学などの教育現場からは同ツールの利用による脅威やリスクを懸念する声もあり、利用を禁止する動きも散見される。なぜこのような事態が起こっているのか、ChatGPTをめぐる最新動向を解説する。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました