彫刻家・名和晃平(Kouhei Nawa)|魅力や作品の価値

マーケティング
日本国内外で高い評価を得ている現代彫刻家・名和晃平。彼の作品は唯一無二といっていいほど個性的であり、繊細な魅力が詰まっています。特に彫刻の「表皮」に注目したアーティストとして、高い評価を得ている彫刻家です。この記事では名和晃平の経歴や作品を通して、その魅力を解説していきます。画像引用:KOHEI NAWA公式HP( http://kohei-nawa.net/ja/news/ )目次名和晃平の経歴と人生名和晃平の作品概念名和晃平の代表作品名和晃平の個展や展覧会名和晃平の作品価値や値段まとめ名和晃平の経歴と人生 はじめに名和晃平の経歴を紹介します。彼の作品はどのような場所で培われて、どのように評価されていったのでしょうか。京都市立芸術大学に入学 名和晃平は1975年、大阪府高槻市に生まれました。幼い頃からものづくりや描画が好きだったそうで、小中高と作品を作りながら進学します。大学では京都市立芸術大学に進学。芸大に進んだきっかけは高校の受験勉強だったのだそう。受験勉強の最中「レールに沿って進むのではなく、いかにして自由になるか」を考えた結果、芸術の道に進むことを決意します。京都市立大学では大学院まで進学。このときにイギリスに留学した経験があります。ニューヨークやベルリンに滞在 大学院卒業後は、大阪市主宰の「咲くやこの花賞」を受賞。咲くやこの花賞は、日本から海外に向けて活躍が期待され

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました