大切に保管を。アップルが「セキュリティキー」機能の詳細を公開

ガジェット総合
Apple(アップル)が、先日から配布されている「iOS 16.3」でサポートが開始された物理セキュリティデバイス「セキュリティキー(Security Key)」の詳細を公開しました。
↑なくさないでね(画像提供/Apple)
 
セキュリティキーとは、スマートフォンやパソコンの外部ポートに差し込むことで、ウェブサイトやアプリへのログインにおけるセキュリティを高めることができるデバイス。iOS 16.3だけでなく、同じく配布が開始された「iPadOS 16.3」「macOS 13.2」でもセキュリティキーへのサポートが追加されています。
 
Appleによれば、セキュリティキーの使用は「フィッシングやソーシャルエンジニアリング詐欺などの標的型攻撃からの保護」に役立つとのこと。Apple IDへのサインインでは、従来の6桁の認証コードではなく、パスワードとセキュリティキーを使用した二段階認証が利用できるのです。
 
注意点としては、セキュリティキーを紛失した場合、Apple IDアカウントへのアクセスが永久にできなくなる可能性があります。そのため、最低でも2つのセキュリティキーを設定し、複数の場所に保管しておくことが推奨されています。なお、iOS 16.3では最大6つまでのセキュリティキーがサポートされています。
 
iPhoneやiPadでA

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました