NASAが核分裂の熱で火星を目指す「核熱ロケットエンジン」の開発を発表

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
NASAがアメリカ国防総省高等研究計画局(DARPA)と共同で「核熱ロケットエンジン」を開発するプロジェクト「Demonstration Rocket for Agile Cislunar Operations(DRACO)」を発表しました。核熱ロケットエンジンには「航行時間の短縮」「宇宙飛行士のリスク低減」といったメリットが存在し、有人火星ミッションの実現に役立つとのこと。NASAは核熱ロケットエンジンのテストを2027年までに実施予定としています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました