羽田空港でAIチャットボットの実証実験 自然な会話で的確に回答

IT総合
株式会社ビースポークと東京国際空港ターミナル株式会社(TIAT)は、1月17日(火)より、羽田空港第三ターミナルの利用者に対し、AIチャットボット「Bebot」による自動応答サービスの実証実験を開始しました。
自治体や交通機関での利用多数
Bebotは、行政や自治体、交通機関向けの多言語対応のAIチャットボットです。「会話」のようにやりとりできると謳う同サービスは、口語体や長い文章での自由入力に対しても、的確な回答を返すことができるといいます。
オンライン市役所、手続きの案内、危機管理、災害対応、観光案内や住民の声の収集など幅広い用途で活用され、空港での活用実績も多数。成田国際空港では、訪日観光客への対応にBebotを導入しています。
旅行者のニーズにあわせた情報提供
羽田空港では、Bebotを通じて、空港内の施設案内やフライト情報など、旅行者のニーズにあわせた情報を提供します。
実証実験の実施期間は、1月17日〜3月31日。日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語に対応しています。
期間中、空港内の無料Wi-Fiに接続すると、自動でBebotに接続されるほか、空港内外に設置されたQRコードからアクセスすることも可能です。
PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000018663.html
Bebot
(文

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました