経営の神様が常軌を逸するほどに「運の良し悪し」を重視した理由

マーケティング
本記事は、千田 琢哉氏の著書『一流の人だけが知っている、他人には絶対に教えない この世界のルール。 選ばれる人を決める「秘密の評価基準」40』(清談社Publico)の中から一部を抜粋・編集しています。運は100%感染する。 (画像=ah/stock.adobe.com)かつて「経営の神様」と呼ばれた人物が、「運の良い人と付き合いなさい」と述べた。実際に採用面接でも「あなたは運が良いですか?」と質問して、「はい」と答えた人しか採用しなかったと聞く。実はその後仕事で彼の側近として働いていた人に直接話を聞く機会に恵まれたが実話だった。経営の神様は常軌を逸するほどに運の良し悪しを大切にしていたのだ。経営コンサルタント時代に私が出逢ったエグゼクティブたちも「最後は運」と異口同音に教えてくれたし、某外資系コンサルティング会社の社長も「経営で一番大切なのは運である」と自著に何度も書いている。運の良し悪しを科学的に解明しようとする学者も増えてきたようだが、私のこれまでの人生を振り返ってみても運の重要性を無視することはできない。他がどんなに優れていても運が悪いために敗北する人は数多いし、客観的に見て実力不足なのに肝心なところではいつもちゃんと勝ち続ける人もいる。もはやこれは運以外に考えられないし、人によっては平等に与えられているわけではないと言わざるを得ない。こうして本を書くからには嘘をつくわけ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました