「出来ることならドタキャンしたい!」栄達を願う貴族の特殊な世界……母子を引き裂く悲劇の別れ ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

IT総合

「心配でたまらない」娘を奪われそうになる母の葛藤
引っ越しの秋が過ぎ、大堰の別荘に冬がやってきました。山里の冬は一段ともの寂しい風情。源氏も「ここはあまりに寂しすぎる。二条に来て近くで暮らそう」というのですが、明石はやっぱりウンと言わない。(お側に行けば辛いことも、がっかりすることも多いだろう)と思えるからでした。
源氏もこっちへ来るのはせいぜい月2回。更に、行く前も帰った後も、紫の上のご機嫌取りに終始しないといけないことも含めると、かなり大変な二重生活といえます。初回は友達が強引に割り込んで来たとは言え、予定をオーバーして帰った挙句、宮中での宿直までパスする始末。
大臣になり、今までのような女性巡りが難しくなったからこそ二条東院を建てたのに、明石は素直に移ってきてくれない。ある程度は仕方ないとは言え、こんなことが長く続けば、源氏のワーク・ライフ・バランスにも影響が出そうです。
「それなら、姫のことだけでも。紫の上が姫に会いたがっていてね。あちらで袴着(はかまぎ)の式をさせようと思う。姫をおろそかにはしない。いつまでもここに置くのはもったいないよ」。
袴着は子どもの成長を祈るお祝いで、現在の七五三の前身です。当時は年齢や時期は確定しておらず、3~7歳頃に吉日を選んで行ったようです。正妻格の紫の上を養母とし、袴着をきちんと行うことで、世間からもちい姫が源氏の正式な娘として扱われるよ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました