「味しみしみ大根」がここまで手軽に…! 「ほったらかし調理家電」の先駆け「煮込み自慢」が驚異的

ガジェット総合
象印マホービンは、自動で調理ができる圧力IHなべ「煮込み自慢」の新モデルEL-MB30を9月1日より発売しました。実売価格は3万5770円。あまり知られていないですが、実はこの「煮込み自慢」は、いま市場が拡大しつつある「ほったらかし調理家電」の先駆け。新製品の発表会では、まずその誕生の経緯からうかがいました。
 
調理代行の需要から生まれた初代「煮込み自慢」
そもそも家電は自動化を目指すものであり、実際、炊飯器や洗濯機、ロボット掃除機などは、ほったらかしにしていても、自動で家事の代わりをしてくれています。ただ、調理に関してはまだまだ人間の手で行うのが主流で、自動化していないケースも多かった。そこで2014年に開発されたのが「煮込み自慢」の初代モデル、EL-MA30だったというわけです。
↑「ほったらかし調理家電」の認知が進んでいると語る象印マホービンの広報部長・西野尚至氏
 
いまや家庭は核家族でしかも共働きが増加し、ほったらかし調理家電は必須になっています。EL-MA30の世代別購入意識調査では、20代~40代の40%前後が購入したいと回答しており、まさに求められていた家電であったわけです。
 
さらに現在は、同社だけでなく、シャープ「ヘルシオ ホットクック」やティファール「Cook4me(クックフォーミー)」、シロカ「クックマイスター」など、各家

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました