アメリカ人はスマホ依存症に対して以前より敏感になっている

2017-08-24_00h03_35 IT総合
アメリカの若年層を中心にスマホ依存症への意識が高まっていることがDeloitteが行なった調査の結果明らかになりました。
若年層を中心に使用頻度を減らす動き
スマートフォンへの中毒症状に、「Nomophobia(No Mobile ノーモバイル への恐怖)」の公式名称が与えられるなど、スマホ依存症に対する関心は年々高まっています。
 
世界最大規模の会計事務所であるDeloitteが行なった調査
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました