VRでAI坊主がSNS投稿から説法 未来の葬式をハッカソンで提案

VR
葬式という儀式は亡くなった人を悼むだけでなく、残された人々の心を癒す役割も担なってます。
今回はエイベックスハッカソンの中から「旅立ちを祭る死と向き合うためのエンタテインメント」として、未来のお葬式を見せるVRコンテンツを紹介します。テクノロジーを使って葬式をエンタテインメントにする未来像を垣間見ることのできるコンテンツでした。
2017年11月18日から19日にかけて「avex-xRハッカソン(VR/AR/MR)」がエイベックス株式会社により開催されました。ハッカソンのテーマは音楽・エンタテインメントの未来をテクノロジーでアップデートすることでした。
手を合わせて魂を解放
AWA賞、IBM賞、Moff賞の3つを受賞したチームSoul Digitalization~制作の『Soul Digitalization~未来のお葬式~』は腕に巻くことで動きを認識するデバイスMoffをつけ、線香の香が付いたヘッドマウントディスプレイHTC Viveを被ってVR内の葬式に参列、AIお坊さんのお説教を聞ける作品です。
まずは現実の葬式のように祭壇の前でお焼香をあげて手を合わせます。手には光が集まってきて光る球が形作られていきます。手を合わせて拝むように上下に振ると、更に光の球は大きくなり、お焼香から煙が光る球に吸い込まれていきます。ヘッドマウントディスプレイをつけていない周囲の人も、Moffを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました