ECB議事録がタカ派とされ全般的なドル安に

マーケティング
昨日の海外時間には、発表されたECB議事録で2018年はじめに金融政策に再検討を加える可能性がある、とされたことからユーロ買いが強まる一方、全般的にドル売りが強まったことからドル円は前日の安値を更新しました。昨日の海外市場動向 (画像=PIXTA)欧州時間序盤、米長期金利がやや上昇したことから円売りが優勢となって、ドル円は111.80円台まで、ユーロ円は133.60円台まで上昇しました。しかし米長期金利が伸び悩むと円は買い戻され、ドル円は111.50円台まで、ユーロ円は133.20円台まで反落しました。この間ユーロドルは1.1940付近を中心としたもみ合いとなっています。NY時間午前にかけて、ECB議事録が公表されると「金融政策姿勢や、政策方針のさまざまな次元に関わる文言について、来る年(2018年)のはじめに再検討を加える可能性がある」とされたことがタカ派的、とされて独長期金利が上昇する中ユーロ買いが強まって、ユーロドルは1.2020台まで、ユーロ円は134.30円台まで上昇しました。その後発表された米・12月生産者物価指数が予想外に前月比でマイナスだったことから円買いが強まって、ドル円は111.30円台まで、ユーロ円は113.90円台まで下落しました。NY時間午後にはいると、米長期金利が低下したことから円が一段高となって、ドル円は111.00円台まで、ユーロ円も133.6

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました