戸建て1棟で先進的なインタラクティブアートが満載の「未来のおうち」を体験できるイベントが開催

IT総合
1Fイメージ
レンタルスペースの池尻セレクトハウスを運営している和光建物株式会社は、芝浦工業大学の学生団体「Shibalab」と共同で、2018年3月10日(土)と3月11日(日)の2日間にわたり「最新のテクノロジーをおうちの中で学ぼう!展」を開催する。2F建ての戸建てで、プロジェクションマッピングやIoTを駆使した展示が繰り広げられる体験型イベント。予約は不要で、当日参加が可能となっている。入場無料で、時間は各日10:00~17:00。
池尻セレクトハウスは、東京都世田谷区池尻にある築35年で2F建てのレンタル空間だ。2015年12月からレンタル空間として貸し出しが開始され、撮影 / パーティ / オフサイトミーティング / イベント開催などに活用されている。
今回のイベントでは、「未来のおうちはどうなっているか」をテーマに、学生たちが企画からデザインまで全てを手掛けた。来場者が描いた魚が水槽となった壁で泳ぐ「おさかなアクアリウム」、投影された映像に流れてくるボールに影で触れられる「影のボールプール」、テーブルの上のコーヒーに映像を投影する「コーヒープロジェクションマッピング」、スマートフォンでくらげやイルミネーションの色を変える「くらげアクアリウム」、どこにいてもトイレに人がいるか確認できる「future house notifier」、四季の風景などをプロジェクションマッピン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました