ネコの「尿」を測るトイレ、シャープが7月発売。ペット事業参入第一弾

ガジェット総合

飼いネコがトイレに行くたびに、「尿の量」や「体重」を自動計測する。そんな「猫用システムトイレ型 ペットケアモニター<HN-PC001>」をシャープが7月30日に発売します。
本体価格は2万4800円で、サービス利用料として月300円が別途必要となります。(いずれも税別)

●最大3頭までの多頭飼いに対応
同製品は、シャープがペット事業参入第一弾として投入するもの。飼いネコの「尿の量」「尿の回数」「体重」「トイレの滞在時間」「室温」を自動計測し、クラウドに自動送信することができます。
ユーザーは、スマホアプリ「COCORO PET」を通じて「おしっこの量は60g」「トイレに何分間いた」などの情報を確認可能。別売りの個体識別バッジを用いて、最大3頭までの多頭飼いにも対応します。
また、計測したデータは独自の「異変検知アルゴリズム」(AI)で解析。これは鳥取大学との共同研究によるもので、尿量が多い・尿量が少ない・滞在時間が長いなどの"異変"を検知した場合に、スマホアプリにその内容を通知してくれます。


●「腎不全を克服すれば、飼いネコの平均寿命を5歳ほど伸ばせる」
なぜ「尿」にフォーカスしたのか。鳥取大学農学部の岡本芳晴教授は、飼いネコの死因の第2位が「腎不全」であることを挙げ、さらに『腎不全を克服すれば、今の飼いネコの平均寿命を5歳ほど伸ばせる』と説明します。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました