ドコモ、上肢に障がいがあってもスマホが使いやすくなる「シンプルフリック」アプリ提供

IT総合
イメージ
株式会社NTTドコモは26日、よく使うメニューを簡易に起動できるアプリ「シンプルフリック」を、無料提供開始すると発表した。対応機種はiOS 9.0.0以降を搭載するiPhoneやiPad。なお、ドコモユーザーだけではなく、他社機種を利用しているユーザーもダウンロードして自由に使うことができる。
本アプリは、上肢に障がいのあるユーザーのスマートフォン操作を補助するアプリ。操作画面上の任意の場所をフリックするだけで、よく使うメニューを簡易に起動できるもので、「スマートフォンのアイコンをピンポイントでタップすることが難しい」という声に応えて開発された。アプリでは、上下左右に4つの使いたい機能を振り分けられる。初期設定の機能「2フリックモード」では、使いたい機能、例えば「電話」や「メール」などが表示されている方向に向かって画面をなぞるだけで次の階層へと進む。「電話」なら、電話帳画面が表示され、予め登録している番号にすぐにかけることができる。
実際の操作イメージ
これならば、画面上のどこを押しても操作することができ、指をおいてのフリックになるので、アイコンにピタリと指を合わせるタップの必要もない。他の機能として、左右の方向のみにフリックしてダブルタップで決定する「フリック&ダブルタップモード」も用意され、利用者の状況に応じて使いやすい方法が選べる。また、フリックではなく音声

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました