「最も重要な失敗した会社」から学ぶ7つの教訓

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
AppleのAI開発のトップや技術担当の代表補佐(VP)、Googleの音声認識のトップ、Twitterの最高技術責任者(CTO)など、現代においてかなり影響力が高い名だたる企業の重鎮たちが1990年代初めに働いていた「General Magic」は、現代まで影響力を及ばせつつも2002年に業績不振で破産し、「最も重要な失敗した起業」と称されドキュメンタリー映画も制作されています。そんなGeneral Magicの経験を教訓とし、デザイナーや技術者、起業家に向けた7つのアドバイスとしてまとめたものを、アメリカのビジネス誌Fast Companyが紹介しています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました