黒木華&野村周平&三島有紀子監督の関西人トリオが地元凱旋

ガジェット総合
11月1日(木)公開の映画「ビブリア古書堂の事件手帖」の舞台あいさつが大阪・TOHOシネマズなんばで行われ、黒木華、野村周平、三島有紀子監督が登壇した。
大阪出身の黒木、三島監督、神戸出身の野村の3人が登場すると大歓声が送られ、地元関西ならではの温かい歓迎ムードに包まれた。
 
そんな観客に黒木は「自分の地元で、こんなにもたくさんの方に囲まれながら、ごあいさつができることを本当にうれしく思います」と。野村も「地元に近い大阪で、舞台あいさつができてうれしい限りでございます」と関西弁のイントネーション全開で喜びを伝えた。
 
そして三島監督にあいさつが回ってくると、客席にサプライズで「三島有紀子監督万歳!!」の文字パネルを掲げる人々が。そのパネルを野村が「三島有紀子、早く結婚しろ!?」とわざと読み違え、会場に笑いが起こった。そんな野村をスルーして、三島監督は「こんなふうに、友人や地元の方に観ていただけることが、本当に今、幸せだなぁと実感しています」と感慨深げに語った。
 
初共演の黒木と野村は、お互いの印象について「ご一緒する前は、結構ガツガツ来る方かと思っていましたが、実際お会いしてみると、空気を読みながら気を遣える方」(黒木)、「僕みたいなタイプは絶対嫌いやと思っていたけど、すごく優しい方で、笑顔でどんな話でも聞いてくれて、まさにそこに栞子さんがいる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました