【Interview】夢の買い物が現実に!VRで家具が選べるショッピングサービス「STYLICS」を直撃

IT総合
ゲームの世界から始まったバーチャルリアリティ(VR)。最近では、ビジネスや教育の現場など、娯楽以外の分野にも、積極的に導入されている。
インテリアコーディネートショップ「STYLICS(スタイリクス)」では、いち早くショッピング用にVRを導入。リアルな状況で家具の配置や大きさをシミュレートし、失敗のない部屋作りをめざすという。
提供元は、メディアのインテリア特集でも大注目のフォー・ディー・コーポレーション。常に新しいことにチャレンジし続ける代表取締役の小幡 毅(こばた つよし)氏に、話を聞いた。
・部屋のイメージがリアルにわかる!
Q1:まずは、VRショッピングサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。
以前より3Dシミュレーションは行っており、家具の購入前にお部屋に入ったイメージが湧きやすいと好評でした。一方、やはりディスプレイで見るより、VRでお部屋を歩いて体感するほうが、お客さまの納得感も高まるのでは、と思ってもいました。
しかし、座った状態でなおかつ手動操作での移動では、十分な体感を得られません。そんな折、足で歩いて回れるシステムができ、試してみたときにそこにいる感じが期待通りだったので、実用性があると判断して提供を開始しました。
Q2:これから利用する人のために、サービスの詳細について教えてください。
「STYLICS」では、ライフスタイルに合ったお部屋作

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました