目の当たりにした法務格差、GVA TECH山本氏がリーガルテックで目指す「法律業務の民主化」

IT総合


Founder Story #1
GVA TECH
代表取締役
山本 俊
Shun Yamamoto


TechCrunch Japanでは起業家の「原体験」に焦点を当てた、記事と動画のコンテンツからなる「Founder Story」シリーズを展開している。スタートアップ起業家はどのような社会課題を解決していくため、または世の中をどのように変えていくため、「起業」という選択肢を選んだのだろうか。普段のニュース記事とは異なるカタチで、起業家たちの物語を「図鑑」のように記録として残していきたいと思っている。今回の主人公はリーガルテック・スタートアップGVA TECHで代表取締役を務める山本俊氏だ。


山本俊氏
(GVA TECH代表取締役・GVA法律事務所 代表弁護士)

・1983年 三重県生まれ。
・2005年 岡山大学法学部卒業。
・2008年 山梨学院大学法科大学院卒業。同年、司法試験に合格。
・弁護士登録後、鳥飼総合法律事務所を経て、2012年にGVA法律事務所を設立(現在グループで日本法弁護士24名、顧問先250社以上)。
・創業時のマネーフォワードやアカツキ等の上場も含め顧問弁護士としてサポートしている。
・2017年1月GVA TECH株式会社を創業。AI契約サービス「AI-CON」、契約書自動作成支援「AI-CONドラフト」をはじめとしたリーガ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました