ファーウェイ問題の経緯 考えられる今後への影響

マーケティング
米中間で、関税を巡る貿易摩擦が続いています。両国ともに解決の方向性を模索しているものの、まだ井手口は見えていません。2019年2月の中国の輸出が20%以上減少するなど、実態経済にも大きな影響が出つつあります。この問題の発端の1つとなったのが、「ファーウェイ」を巡る騒動です。CFO(最高財務責任者)が逮捕されたり、各国が同社製品の使用を制限したりなど、欧米各国でファーウェイバッシングが始まっています。このファーウェイ問題の経緯と今後への影響について解説します。ファーウェイってどういう企業? (画像=testing / Shutterstock.com)まず、ファーウェイという企業について簡単に整理しておきましょう。ファーウェイは、中国の通信機器メーカーです。主には、BtoC向けに、携帯電話やPC、タブレットなどを製造・販売していることに加え、企業向けにサーバやクラウドサービスを提供するビジネスも展開しています。2018年の第2四半期には、アップルよりも多くのスマートフォンを販売するなど、今、世界の中でも勢いのある企業といっていいでしょう。ファーウェイ問題の全貌を解説では、このファーウェイが、現在、どのような騒動になっているのでしょうか。全貌を見てみましょう。ファーウェイ問題の発端は、2018年8月に、アメリカが政府内で、ファーウェイやZTEの製品の仕様を禁じる法案が可決されたことで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました