常温常圧でアンモニア=安価、高効率の新手法-東大

2017-08-24_00h03_35 IT総合
東京大の研究チームは、窒素ガスと水から常温常圧下でアンモニアを効率的に合成する新手法を開発した。アンモニアは食料生産に欠かせない肥料の原料だが、工業的な合成は100年前に開発された、莫大(ばくだい)なエネルギーを必要とする手法が今も使われている。新手法が実用化できれば、省エネルギーで肥料が生産できると期待される。論文は24日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。 原料の窒素は空気中に豊富に存在
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました