【連載 第5回】飛び立った「すかいらーく」。巨大企業への道と創業家の撤退、その後の横川四兄弟

マーケティング
すかいらーくを創業した四兄弟の長兄・横川端氏(右)と、息子であり文教大学国際学部国際観光学科教授を務める横川潤氏(左)(画像=Foodist Media)日本を代表する外食企業である「すかいらーく」は長野県出身の4人の兄弟、横川端、茅野亮、横川竟、横川紀夫の4氏によって創業された。前身の「ことぶき食品」の設立から、1970年のすかいらーく1号店の誕生まで、横川端氏を中心とした兄弟の知られざる苦労、足跡を追う。『スカイラーク』開店は1970年7月7日(火)。戦後25年、日本万国博覧会が大阪の千里丘陵で開催されており、国中が繁栄を謳歌していた時期である。府中市の当日の天候は雨(午前9時)、最高気温21.4度、最低気温17.8度(東京管区気象台・府中観測所調べ)。終日涼しさを感じる1日だったようである。新規事業担当で店長の四男・横川紀夫氏は前日の6日から徹夜で最後の準備をして、その時を待った。『スカイラーク』最初の客は3人組の女性、昼も夜も満席開店は午前11時。女子大生のアルバイトが白い帽子に白手袋で駐車場の出入りを誘導する係となり、長男の横川端(ただし)氏は次男の茅野亮(たすく)氏とともに午前10時過ぎから、外から一番目立つテーブルに腰掛けて甲州街道を走る車の流れを見続けた。しかし、皮肉にも最初の客は徒歩で店に入ってきた。近くの事業所に勤務する3人のOLで、手に財布を持ってしゃべり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました