トロントの不動産市場に関する5つの重要な事実

マーケティング
モトリーフール・カナダ支局、2019年4月11日投稿記事より先日、筆者はバンクーバーの不動産市場の重要な事実についてお伝えしました。それには、ここ数ヶ月間の下落の後でさえ、バンクーバーの平均住宅価格が320万カナダドルを超えるというような事実が含まれています。この記事では、焦点をカナダ最大のメトロエリアであるトロントに移します。トロントの住宅市場については、5つの重要な事実があります。バンクーバーとは異なり、不動産市場減速の兆候は見られません。 (画像=Getty Images)280万人もの人口増オンタリオ州政府による最近の調査によれば、トロントはどんどん大きくなりつつあります。オンタリオ州政府は、2041年までにさらに280万人がトロントに移住すると予測しています。これにより、トロントの人口は900万人以上に増加します。その成長の大部分は、主要都市への定住を望む移民によるものです。彼らがトロントに移住するのは、急速な人口増加に伴いさまざまな機会が生まれるからです。131%の住宅価格の上昇この10年は、トロントで不動産を取得するのによい時期でした。平均住宅価格は、過去5年間で57%以上、過去10年間で131%以上、上昇しています。一部の専門家は、トロント市場は過大評価されていると指摘していますが、筆者はその意見に同意しません。香港、ニューヨーク、ロンドンなどの都市の価格を見ても

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました