PD-L1陰性のがんにPD-1抗体がなぜ効くのか?

2017-08-24_00h03_35 IT総合
がん細胞が作り出すPD-L1とリンパ球の表面に存在しているPD-1とが相互作用するとリンパ球の働きを抑える。このPD-1とPD-L1が手を結ぶのを、PD-1/PD-L1、いずれかの抗体で妨害するとリンパ球が活性化され、結果的にがん細胞を叩く。これが、免疫チェックポイント阻害剤と分類されるPD-1/PD-L1抗体が効果を発揮する理由だ。
これらの抗体医薬品が有効な患者さんでは、一般的に遺伝子異常数が
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました