クセになる名コラボ爆誕! 進化した「食べるラー油」に食欲と驚きが止まらない

ガジェット総合
昨今、料理の味付けに欠かせない調味料が驚きの進化を遂げています。それだけで食が進む「ごはんのおとも」も、常に進化し続ける調味料のひとつ。ここでは想像を超えるインパクト大の2品を、フードアナリストがレビューします。
 


フードライター
中山秀明さん
内外問わず、食のトレンドに詳しい。対象は幅広く、米、弁当、おにぎりなどごはんに関する取材も多数。

 
【その1】香ばしいザクザク感が絶品!予約必至のオイル調味料

阿部幸製菓
新潟発 柿の種のオイル漬けにんにくラー油(160g)
実売価格864円
新潟名産の柿の種を、適度な辛味とうまみのラー油調味料に。揚げたガーリックやオニオンのほかに砕いた柿の種も入り、香ばしさとザクザクとした食感が絶品です。人気が高くネットでは数か月待ちに。
【中山’s Review】
ザクザクのピリ辛オイルが美味
上部には柿の種が丸ごと入り、食感は湿気てなくパリパリで驚き! まずはこれをそのままつまみ、それから下の具材と混ぜて白米の上へ。ザクザク食感とピリ辛な味わいで濃厚なオイルがクセになります。
 
【その2】本場博多のメーカー渾身の大粒明太子が入ったラー油

かねふく
明太子がたっぷり入った 食べるラー油(110g)
実売価格540円
博多の老舗明太子メーカーならではの一品。瓶内には大ぶりの明太子がゴロゴロと入って

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました