オリジンを探す。古くて新しい、ディープな“コーラ愛”の結実/伊良コーラ コーラ小林

ガジェット総合
クラフトコーラ専門メーカーを営むコーラ小林さんがコーラに魅了されたのは大学生のとき。当時は、まさか自分がコーラを作るとは想像もしていなかったというが、あるとき偶然見つけた100年以上前のレシピをもとにオリジナルコーラを完成させる。それは幼少期や大学時代の経験と、ディープな“コーラ愛”の結実なのだ。
コーラはロマンだ!
「コーラってロマンのある飲み物だと思うんです。というのも、以前、フィリピンのNGOでインターンシップをしていたことがあるのですが、バラック小屋が建ち並ぶような山奥の集落にもコーラを配送するトラックが走っていたんですよ。牛乳やオレンジジュースだったら分かるけれど、こんな得体の知れない飲み物が、こんな未開の地で売られているなんて、その当時はとても不思議に思っていた」
この疑問はコーラ小林さんのなかでずっとくすぶり続けていたという。やがて、コーラの歴史を紐解いていくにしたがって理解が深まり、いつしかこの“得体の知れない飲み物”にロマンを感じ始める。自分でコーラを作ろう──そう考えるようになったのはこのときだ。
「昔から偏頭痛持ちだったんです。そんなときに『カフェインが入っている飲み物は偏頭痛にいい』って知ったんですよ。緑茶やコーヒーなど、いろいろ試していたのですが、なかでもコーラが自分にいちばんマッチした。特にお酒を飲むと必ず頭が痛くなっていたので、飲みにいくとラムコーク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました