【西田宗千佳連載】苦手を克服してPCに近づくiPad

ガジェット総合
Vol.80-3
iPadを、よりPCのように使えるようにするのが、秋に公開される新OS「iPadOS 13」の狙いのひとつだ。
↑iPad Pro
 
これまで、スマートフォン由来のOSには共通の弱さがあった。「1アプリ1ウインドウ」という基本原則だ。iOSもAndroidも、この点に大きな違いはない。
 
PCは複数のウインドウを重ねて使うのが当たり前だが、スマホでは「1画面1アプリで全画面利用」がこれまでの基本だった。とはいえ、Androidでは画面分割ができるようになっているし、特定のアプリを小画面的に重ねることができるものもある。iPadでは、画面を2分割して使う「Sprit Screen」という機能や、アプリを重ねて使う「Slide Over」といった機能がすでに存在している。
 
だがそれでも、PCで一般的に行われていることが意外とできない。例えば、「Wordで文書ファイルを2つ開き、横に並べて見比べながら文書を作る」とか、「フォルダのウインドウを2つ並べて、左から右へとドラッグ&ドロップしてファイルを整理する」といったことだ。一部のテキストエディタやウェブブラウザのように「2ファイル同時利用」に対応しているものもあるが、それは非常に例外的な存在だ。タブレットのような大型の画面になっても、PC的な使い方は想定されていなかった、というのが実

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました