【マレーシア】4-6月期GDPは前年同期比+4.9%-2期ぶりの成長加速、鉱業の回復が押し上げ

マーケティング
2019年4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比4.9%増(1)と前期の同4.5%増から上昇し、Bloomberg調査の市場予想(同4.7%増)を上回った。 (画像=PIXTA)4-6月期の実質GDPを需要項目別に見ると、主に外需の改善が成長率上昇に繋がった(図表1)。GDPの5割強を占める民間消費は前年同期比7.8%増(前期:同7.6%増)と小幅に上昇、食品・飲料やホテル・レストランを中心に高水準で推移した。政府消費は前年同期比0.3%増(前期:同6.3%増)と大きく鈍化した。総固定資本形成は同0.6%減(前期:同3.5%減)と低迷した。設備投資が同4.2%減(前期:同7.4%減)と3期連続のマイナス成長、また建設投資は同1.2%増(前期:同1.3%減)と2期ぶりのプラスとなったが、+1%台の低成長で停滞したままとなっている。なお、投資を公共部門と民間部門に分けて見ると、全体の7割を占める民間部門が同1.8%増(前期:同0.4%増)と小幅に上昇した一方、公共部門が同9.0%減(前期:同13.2%減)と7期連続のマイナスとなった。純輸出は実質GDP成長率への寄与度が+1.4%ポイントとなり、前期の+0.9%ポイントから改善した。輸出が同0.1%増(前期:同0.1%増)の横ばいで停滞したものの、輸入が同2.1%減(前期:同1.4%増)とマイナス幅を広げた。 (画像=ニッセイ基礎

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました