ソニーの攻勢にキヤノン陥落寸前。起死回生の3策はこれだ!

2017-08-24_00h03_35 IT総合
前回の記事で書いたように、キヤノンは、御手洗冨士夫CEO(84)の長期政権による度重なる経営判断ミスにより、相当に追い込まれている。技術の目利きができない冨士夫氏が権力にしがみついていたため、キヤノンは長期間に渡り、新規事業の創出ができなかった。
キヤノン公式サイトより:編集部
そこで、M&Aで医療機器や監視カメラなどの会社を傘下に収めることで危機を乗り越えようとしている。しかし、今のとこ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました