波瑠、観客の反応に「すごくドキドキ」『G線上のあなたと私』試写会

ガジェット総合
10月15日(火)スタートの『G線上のあなたと私』(TBS系)のプレミアム試写会が行われ、波瑠、中川大志、松下由樹が登壇した。
主人公の小暮也映子を務める波瑠は「今日こうして1話が完成しまして、皆さんに見ていただける日が来て、とてもうれしく思っています」とあいさつ。「面白かったですか?」と観客に尋ねると、拍手が起こった。
 
この観客の反応に波瑠は「すごくドキドキしましたね。漫画原作っていうのもありますし、私自身、2日前に完成したものを見られて。出ているんですが、とっても楽しく見られて、早く第1話の放送にならないかなって、すごくワクワクしてます」と語った。
 
波瑠が2017年に主演を務めた『あなたのことはそれほどでも』のチームが再集結している本作。これには「同じチームなんですけど、也映子みたいな素直で悪いことをしない役もやらせていただけるんだなと安心しました(笑)」と気持ちを明かした。
 
波瑠、中川、松下の3人は今回が初共演。クランクインから1か月たち、仲の良さを尋ねられると、波瑠が「今、すごく和気あいあいとしてるよね」と。松下も「ナチュラルにいますよね。バイオリンを全員初めて習うっていうことで個人練習から始まったんですけど、そういう共通点がインする前にあったというのも大きかったようにも思います」と語った。
 
劇中では、3人が演奏した

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました