MITが慢性疾患の患者の自己管理を助けてデータを医療従事者と共有するロボット「Mabu」の研究を実施

2017-08-24_00h03_35 IT総合
慢性疾患を患っていても、処方に従ってしっかり自己管理できる患者はそれほど多くないという。そこで今回、ケアマネジメントのスタートアップCatalia Health社は、慢性疾患の患者の自己管理を助けるロボット「Mabu」の研究をMITで行った。
・心理学とAI、医療計画の専門知識をもつロボット
この見た目もユニークな小型ロボット「Mabu」には、心理学とAI、医療計画の専門知識が組み込まれている。M
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました