超低金利が続く中でアイフルが発行したハイイールド債の魅力

マーケティング
20年続く超低金利政策ですが、景気の下振れリスクが高まっていることもあり当面終わりそうもありません。そんな中、消費者金融のアイフルがアメリカで人気を集めている投機格付け社債(ハイイールド債)を国内で初めて発行し投資家の話題を呼んでいます。米国で根付いたハイイールド債市場 (写真=Monster Ztudio/Shutterstock.com)格付けとはムーディーズやS&Pといった格付け機関により企業の債務支払い能力をランキングするものです。格付けはアルファベット記号で表示され、最上位とされるのがトリプルA(AAA)であり、「債務を履行する能力が極めて高い」ランクになるわけです。高格付けを獲得しているのは、東京ガス、JR東海、JR東日本、NTTグループなど財務的に安定した企業が名を連ねます。ダブルB(BB)未満は低格付けとなり、「状況によっては債務履行が難しくなる」というランクです。シャープ、日本原子力発電といった、債務超過など財務的に問題を抱えている企業が並んでいます。ちなみにもっとも格付けが低いのはDです。格付けは社債発行や借入の金利にも影響し、高格付け企業ほど優遇を受けられます。アメリカの投資家はリスクを取ってでも高利回りを求める傾向が強く、1970年代からハイイールド債市場が整備されており発行残高は2兆ドルにおよびます。ハイイールド債とは、格付けダブルB(投機的要素

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました