思春期に家族と良好な関係を築いていた人は後の人生でうつ病になりにくい

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
世界中では3億人以上がうつ病で苦しんでいるといわれており、うつ病は学校や仕事、社会的なつながりや体の健康を損なうこともある危険な病気です。うつ病をはじめとする精神的な病気は自殺、アルコールやドラッグの乱用による早死につながっているとされていますが、思春期に家族と良好で密接なつながりを持っていた人々は、後の人生でもうつ病になるリスクが低いという研究結果が発表されました。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました